太陽光は社会とあなたの未来を明るく照らす力

限りある地球の資源を有効活用し輝く未来を自然の力で発電しよう

太陽光発電は環境に優しい資産運用

小規模太陽光発電で、お得な資産運用!

太陽光発電やソーラーパネルといった言葉は一般的な認知度も高いことでしょう。大規模な発電を行えるものもあれば、暮らしの中で使える太陽光発電もあります。例えば、最近では携帯の充電器でソーラーパネルを採用しているものもあります。スマートフォンが主流となり、携帯電話の電池の消耗が激しくなったと感じる人は以前に比べ、増えたそうです。ですが、外出先で気軽に充電出来ない状況というのは多々あります。そういった際に、簡易充電器など電源がなくても充電できるアイテムは今や必須と言えるでしょう。

乾電池やバッテリーを利用した充電器も一般的ですが、ソーラーパネル搭載の充電器であれば電池代の節約にもなり環境にもお財布にも優しく一挙両得です。
その他にも、ポケットライトや電卓、ディスプレイのターンテーブルなど注意を向けてみれば生活のいたるところにソーラーパネルを搭載した機器を発見することが出来るでしょう。
太陽光発電は、私たちも利用することが出来る身近な発電方法なのです。

もし、電力が供給されなくなったとしたら?

日本で暮らしていると、電気の大切さやありがたみに気づく機会はあまりないかもしれません。それくらい、私たちの生活に電気は密接に関係しているのです。
記憶に残る東日本大震災の被害により原発が停止し、それに伴った電力不足や節電という風潮が国民の認識の中にも深く根付きました。それまでは電気とは使いすぎてなくなってしまうようなものではないと漠然と思っていた人も、有限の資源である事に気づいたことでしょう。もしも将来、満足のいく電力共有が行われない状況になってしまったら生活にはどの程度影響があるのか?
節電という言葉が世間的に広まり、いま一度電気の大切さを考える必要が生まれてきました。

太陽光発電が今、注目されています!

大震災の影響で反原発の兆候が強まり、環境に優しいクリーンエネルギーである太陽光発電がさらに注目されるようになりました。自家発電出来る家庭が増えることにより、大規模な電力不足による節電対策を防止にもなり、さらには環境にも優しいクリーンエネルギーであることから太陽光発電はいま一度見直されています。

また、電力会社頼りでなく自家発電することにより将来懸念される地震など災害の際も非常用電気を確保することが出来ます。日本ではもちろんのこと、海外でも太陽光発電によって生み出されるパワーに注目が集まっているのが現状です。

太陽光発電って本当にお得なの?

巷で話題の太陽光発電。気になるけど、初期投資も結構な値段だから気軽に手は出せないし、本当にお得なの?そう考える人は多いでしょう。けれど、メリットや設置する目的がはっきりしていれば地要綱発電の導入はより現実的になります。太陽光発電には、大きく以下のような利点があります。

  • 発電により電気代の削減が見込める。余りは売電により収入になる
  • 初期投資費用の回収は平均5~8年と早期の回収が可能
  • 将来的に電気代が値上げされた時の事前対策
  • 各家庭での発電により、大規模な電力不足を防ぐことが可能
  • 発電量をチェックすることで、節電の意識が高まる
  • 地震など災害が起こった場合の非常用電源としての利用も可能
屋根も土地もなくてもできる新しい太陽光発電

太陽光発電といえば、自宅の屋根にソーラーパネルを設置したり、 持っている土地にソーラーパネルを設置するという方法が一般的でしょう。 屋根も土地も設定できる場所がないから私には関係ない話… そんな風に考えている人に、朗報です! 屋根も土地もなくても出来る新しい形の太陽光発電が登場しています! 新しい形の太陽光発電とは、一体どのようなものなのでしょうか?

  • 発電された全ての電力を買い取ってもらうタイプの太陽光発電
  • ソーラーパネルの設置は屋根でなく土地に設置。
  • ローン支払いで購入しても毎月売電による現金収入が見込める
  • 土地を持っていなくても設置が可能
海外では既に主流

「土地」も「屋根」もなくても太陽光発電が出来るの?とこれまでの常識を覆すような話ですが、これが実際興味を持つ人が増えている現実があります。特に、日本に比べて広大な土地のある海外では余った土地を小規模太陽光発電に利用する企業や個人がこの数年で大きく増えました。
企業にとっては社会貢献やCSR、資産運用といった面での利点があり、個人でも将来的な安定した副収入や、老後を見越した備えのための導入、遊休地などの土地の有効活用のためなど様々な用途から導入を検討する人が増えています。

税制優遇とCSRなどの利点

経済産業省の資源エネルギー庁より、2011年に「環境関連投資促進税制」が創設されました。これは、再生可能エネルギー設備や高効率な省エネ・低炭素設備設備などに投資する法人等を支援するための制度であり、この制度の制定により発電施設を抱える企業は大幅に増えました。通称グリーン投資減税と呼ばれているものです。

グリーン投資減税の対象となる設備は、
「エネルギーの有効な利用の促進に著しく資する設備等」である太陽光発電設備、バイオマス利用設備、電気自動車等と「建築物に係るエネルギーの仕様の合理化に著しく資する設備」である高断熱窓設備、高効率空気調和設備、高効率証明等が該当設備となります。ただし、設備で一定の要件を満たすことが適用対象になる条件になります。
これらの設備を2014年3月31日までに取得し、取得日より1年以内に使用できる状態を整えた上で使用を開始した日より、その当日を含む事業年度において取得額の30%相当を上限に償却できる特別償却の対象ととなります。

また、企業であれば経営していく中で書か事の出来ないCSRの取り組みの一端として利用することもできます。CSRは明確な取り決めがなく、企業ごとに事業にあったCSRが求められます。その中で再生可能エネルギー設備の利用はいかなる企業に対しても使用することができ、かつ社会貢献的に有効な施策であると考えられます。

太陽光発電を上手に資産運用に活用する

クリーンエネルギーとして期待され注目を浴びる太陽光発電ですが、その特性はなんといっても太陽という自然の力を使って発電力を得る事が出来る点です。そして、その力を使った投資の方法が今、投資家の間では注目されています。

投資とはこれまで専門的な知識を持った人が情報を精査し逐一現状をチェックするなどすることで大きな利益を得る機会が与えられる、いわば玄人向けのものが多かった印象です。株取引や為替、FXなどは最たるものでしょう。
しかしながら専門的知識がなくても始められる投資の形として、マンションなどの不動産投資と共に、太陽光発電を使った投資が生まれ、注目されています。

太陽光発電の分譲でリスクの無い投資を始めるためには、ソーラーパネルのオーナーになる必要があります。従来と違い、太陽発電を使った投資では分譲地区に設置されたパネルを購入し、発電によって得られた電力は全て電力会社に買い取ってもらい、利益にするという形が主流となっています。
さらにはその他の投資と違い、世情によって利益が左右されるという事がありません。そういった意味ではリスクの少ない初心者でも比較的手の出しやすい投資といえるでしょう。
始めるチャンスは誰にでもあります。興味を持ったら一度調べて触れてみることをおすすめします。